不動産投資セミナーに參加してノウハウを持ち帰ろう

初心者がほとんど

一言で資産運用といっても株式や債券など様々な投資商品があります。
それぞれの投資で期待できるリターンやそれに伴うリスクなどは商品によって異なるので、一概にどの商品が良いとか悪いという事はないのですが、長期的観点に立って安定的な収入を得たいという人に適しているのが不動産投資です。
不動産投資は物件を購入し、その物件を第三者に貸し出して家賃収入を得るという仕組みの資産運用商品です。
入居者が決まればその後は毎月安定的に家賃収入が見込まれるという事に加え、保有している物件の資産価格が上昇すれば将来売却をしたときに売却益が得られるチャンスもあります。
一度購入した後は特に何かをする必要もないので、手間隙をかけたくないという人にはメリットが高い運用商品です。

投資を始めるためにはまず第三者に貸し出すための不動産物件を購入する必要があります。
不動産投資用の物件を取り扱っている業者には、収益型物件の売買仲介を専門に行っている不動産仲介業者や、街の不動産業者などがいます。
こうした業者は定期的に購入可能物件の紹介を行ってくれるほか、業者が運営しているウエブサイト等で購入可能物件の情報を公開しています。
また、税金対策などのアドバイスや相談にも乗ってくれるので頼りになります。
殆どの人はこうした業者から収益用物件を購入していますが、その他にも物件の売却を検討している企業や個人から直接物件を購入し、それを自分自身でリフォームした上で第三者に貸し出している人もいます。